ブログトップ

KUCHANE

karue024.exblog.jp

楽しいことを探す日々           

長らく御無沙汰でした!  

入院中だった父が2月28日の夜中、ひっそりと逝ってしまいました。
その日は何か感じるものがあって、寝具を持ち込んで母と二人で病院へ泊まりました。
交代でちょっと寝たと思ったら、看護婦さんのバタバタする音で飛び起きて・・・
母はもう動転して、起こしてもくれなかったのでした。
心臓がわずかに動いている状態で最期は看取ってあげることができました。
父は「天国なんか絶対信じない、死んだら終わりや」と言ってた人なのですが
今どこにいるのかな?と思ってしまいます。
享年88歳、大往生でした。
苦しみの無い世界にいてくれることを祈ります。



東北の大地震に遭われた皆さま、心からお見舞い申し上げます。
どうか一日も早く復興されますように!!!
[PR]
by karue024 | 2011-03-13 23:55 | 家・家族 | Comments(6)
Commented by ガス at 2011-03-14 01:19 x
大変でしたね。
私はいつも父が身近にいるような気がしています。
側にいてくれていますよ。

地震たいへんですね。
今はただ、ニュースをみることしかできないけど・・・・・
Commented by ako-jelly at 2011-03-14 15:56
karueさま、こんにちは。
karueさんのお父様ですから、きっと心の温かい方だったのだろうと想像しています。
姿はなくなっても魂は生きている…とう信じている私です。
お父様、安らかにお眠り頂けますように、
karueさんご家族を見守って頂けますように
私もお祈りさせて頂きます。

地震大丈夫でしたか?
横浜も今日も度々揺れており、5時からは計画停電実行されるのかな?頑張ります^^
Commented by meba at 2011-03-14 20:34 x
大変ご無沙汰をしております。

びっくりしました。
お父上のこと、心よりご冥福をお祈りいたします。

例の駐車場に、車が泊まってるのをちょくちょく確認していました。
12日も停まってたので、また奈良に看病にいかれてるものと、
思っていました。 28日にお亡くなりになっていたとは、つゆ知らず大変失礼いたしました。
残された、お母様のことも気になるとこでしょうが、ご自身のお体のこともいたわられまして、お疲れをだされませんように・・・・
Commented by karue024 at 2011-03-15 00:40
ガスちゃん、
ありがとう! お葬式の時「孫からの言葉」というのがあって
丁度娘が、「おじいちゃんはいつもの席にもう座ってないけど
かえっておじいちゃんを身近に感じます」と書いていたので
ほんとにそうだなぁと思っている今日この頃です。

地震、日に日に被害が大きくなってもう言葉が見つかりません。
そっちはこれからも大変だろうけど、頑張ってね!!
Commented by karue024 at 2011-03-15 00:57
akoさん、
温かいお言葉ありがとうございます。
父は実はわがままで子供みたいな人でしたけど、かわいい人でした。
母と二人で病院に付いてる間や、毎週の法要に帰っている間に
随分色々と話ができました。 父や家族との思い出なんか・・・
姿はなくなっても魂は生きている・・・そのことでお坊さんと随分意見を
戦わせていた父でしたが、やっぱりお坊さんに見送ってもらって四十九日が過ぎたら
極楽に行くのかしら? ほんとにお悔やみの言葉ありがとうございます。

地震でそちらはこれからも色々不便なことがあるでしょうが
頑張ってね。
夫も丁度会議で東京に行ってて、14階でものすごく怖かったそうです。
彼は地震が特に苦手(得意な人はいないけど^^;)なのです。
Commented by karue024 at 2011-03-15 01:18
mebaさん、
わざわざ書き込みありがとうございます。
温かいお悔やみのお言葉嬉しかったです。
1月の26日から、殆ど5泊6日で実家通いでした。 
というのもニャンの様子を見に帰らなければならなかったからなのです。
今は毎週土曜日になにやら法要があるので木曜出発、日曜帰宅が
4月16日まで続きます。 これも行(ぎょう)と思ってがんばってます。
体の心配もしていただいてありがとうございます。
母も私も思いの外元気で何とか大丈夫です。 
あのボロの実家を離れないそうなので、私が当分突き2回ぐらいのペースで
見に行くつもりです。 これからも大変です^^;