ブログトップ

KUCHANE

karue024.exblog.jp

楽しいことを探す日々           

これがアルピニストだよ、栗城君!

ここ2か月ほど、ある自称、無酸素単独登山家さんの
(最近FBでは職業スポーツ選手となっております)
エベレスト旅行をウォッチしておりました。
今年7年目のトライで去年と今年は一応2回アタックに出ましたが・・・
今年も登れませんでした(∋_∈)残念!
それでも、楽しませてもらったのでよしとします(^_^)

で、お口直しに本物の登山家、惜しくも亡くなった長谷川恒夫さんの
古い本を探し出して(アマゾンで1円でゲット、でも送料あり)
毎晩、寝る前に読んでおります。
ヨーロッパアルプスでは3大北壁冬季単独という輝かしい記録を持ちながら
ヒマラヤでは運の無かった人なのです。
この本には出てきませんが、初めてのエベレストではアタック隊の
サポートとして獅子奮迅の働きをされました。
このシーンは何度読んでも涙が出ます。
その後も何度も何度もヒマラヤに挑まれています。
けれど、とうとう一度もサミッターになれず、最期は雪崩で亡くなりました。
運命の山、ウルタルⅡ峰、一度見にだけでも行ってみたいものです。

c0015978_10355450.jpg

[PR]
by karue024 | 2017-06-08 10:43 | 山関係(本・映画) | Comments(0)