ブログトップ

KUCHANE

karue024.exblog.jp

楽しいことを探す日々           

ふたりぼっち

去年植えたスノーフレークに2つだけ花が咲きました。
かわいいでしょう?
c0015978_1922357.jpg


c0015978_19225229.jpg
   頂き物の黒花オダマキも
   小さな花を付けました。
   神秘的な色です。
   黒花にはまってしまいそう!
[PR]
by karue024 | 2006-05-10 19:26 | 庭・植物・小鳥 | Comments(6)
Commented by ちむちむ at 2006-05-10 21:22 x
うっわー、清楚でどちらも私好みです。
おだまきははじめて見ました。本当に神秘的。
これからkarueさんのお庭も花盛りですねー
また見せてください。
うちのほうはナメクジと格闘中です(涙
ペレット撒けば早いんだけれど、それはしたくなくって。
共生って難しいものですね。

↓コンサートいいですねー
お話が聞けて2倍楽しいのですね。

古墳も興味を持って拝見しました。
時代はそれより下りますが、大学の教養の先生で木簡を専門に研究しておられる方がいて、漢文を一緒に読むのですが、それがとても面白かったのを思い出しました。
Commented by karue024 at 2006-05-11 02:09
ちむさん、こんばんは!
オダマキはほんとに色々種類があるみたいだけど
どれも頭にツンツンつのがあるのです(^-^)

そっちはナメクジも大きいのね?(>_ <)
そんな大物がうようよいたら、私はペレット撒いてしまいそう。

千住真理子さん、機会があったらぜひ聴いてみてください。
すてきな人柄に惚れてしまうよ(^-^)

木簡を? いいなぁ!それはすごくおもしろいと思います。
ちむさんが学生の時のおはなし? 長屋王の邸宅から出た
「長屋親王」と書かれた木簡など、本物を見たら興奮して倒れそうです(^-^)
Commented by ちむ at 2006-05-11 22:42 x
そうなんです、学生の頃の話。
こういう学問も面白いなあ、と思いました。
その先生当時は社会人のための講座も持ってらして、なかなかの人気だったそうです。やっぱりなあ、と思ったことを覚えています。
木簡にいろいろ書かれたことから歴史の知られざることが分かったり、文化が分かったり。講義を受けなかったら面白さを知らないままに過ぎるところだったでしょうね。長屋王の木簡も、なにそれ?だったかと(笑

一つ目の写真の花、こちらではスノーフレークって言います。
妖精のスカートみたいですね。
Commented by karue024 at 2006-05-11 23:28
きゃい~~ん、ちむさん、わたくし間違っておりました。
これスノーフレークでおました(=^・^=)
よくぞ教えて下さいました。 ありがとうございます!

歴史はおもしろい!! けれど覚えるより忘れる方が早くて・・・
でも、あきらめたら終わりだもんね、がんばりますo(^-^)o
Commented by KawazuKiyoshi at 2006-05-16 09:56
スノーフレークも可愛いですね。
私はスノードロップと間違えていたのですが、
この頃気がつきました。
山口は、余り変わらない、昔の面影を残していますよ。
『貴婦人』
おいでませ山口。
Commented by karue at 2006-05-17 02:05 x
私も最初スノードロップと書いていて、ちむさんに教えてもらって
訂正したしだいです。
山口は道が広くて走りやすく、とても住みやすいと夫が言ってました。
「老後は山口がええな」と話してもおりましたが・・・(^-^)