ブログトップ

KUCHANE

karue024.exblog.jp

楽しいことを探す日々           

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

この前実家へ行った時、念願の二上山へ登りました。
そしてついに愛しの大津皇子様の御陵にお参りしてきました。
小さな御陵で方墳も円墳も何もありません。 
木が植わっているだけでした。
哀れな皇子の短い一生を思わずにはいられません。

 大津皇子、死を被(たまは)りし時に、磐余の池の堤にして涙を流して作らす歌一首
   「ももづたふ 磐余(いわれ)の池に 鳴く鴨を
              今日(けふ)のみ見てや 雲隠りなむ」

 大津皇子の屍を葛城(かづらき)の二上山(ふたかみやま)に移し葬る時に、
 大伯皇女(大津皇子の姉おおくのひめみこ)の哀傷(かな)しびて作らす歌一首
   「うつそみの 人にある我れや 明日よりは
              二上山を弟背(いろせ)と我れ見む」

c0015978_0544799.jpg

c0015978_0555542.jpg

[PR]
by karue024 | 2012-12-26 00:59 | ハイキング・山旅 | Comments(6)